プロテインを摂取するタイミングについて

プロテインは、摂取するタイミングによって得られる効果が変わってきますが、最も効果的な摂取タイミングは運動後45分以内とされています。運動後45以内は、ゴールデンタイムと呼ばれており、運動によって傷ついた筋線維を修復するためにタンパク質の合成量が増加するため、このタイミングでプロテインを摂取することで効率的にタンパク質を体内に吸収することが可能です。その結果、効率的に筋肉量を増やすことができますが、運動後に摂取する際は体内への吸収スピードが早いホエイ系のものがおすすめです。また、就寝前の摂取もおすすめです。

人間は、眠っている間に筋肉の成長を促す成長ホルモンの分泌が活発になるため、このタイミングでプロテインを摂取することで効率的に筋肉を成長させることができます。ただし、成長ホルモンの分泌が活発になるのは、眠りについてから30分から3時間の間なので、就寝する直前ではなく30分から1時間ほど前に摂取するようにしましょう。加えて、朝食時もおすすめの摂取タイミングです。就寝前にプロテインを摂取していたとしても、寝ている間にタンパク質の成長に使われてしまっているので、起床直後は体内のタンパク質が枯渇した状態となっています。

そのため、朝食のタイミングでプロテインを摂取すれば、不足しているタンパク質を効率的に吸収することが可能です。ただし、肉・魚・卵などタンパク質が豊富な朝食メニューであれば、そこまで多く摂取する必要はありません。なお、就寝前や朝食時に摂取するのは、体内にゆっくり吸収されるカゼイン系やソイ系がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です