空間情報とは?その活用方法を考える

(地理)空間情報は地理情報とほぼ同義語として使用されており、地理・空間に関係づけられた情報を示します。


日本では地理空間情報活用推進基本法の第2条第1項によって、1.空間上の特定の地点又は区域の位置を示す情報(当該情報に係る時点に関する情報を含む。

空間情報情報を厳選して紹介しています。

)と、この情報に関連付けられた情報と定義づけられています。
地球上に存在する道路や看板、建物や樹木、川や海などの、地表面に存在するありとあらゆるものは「位置」という情報を有している事になります。

空間情報はある行動を計画・立案・実行する際に役立てることが出来る為に、非常にさまざまな分野における活用が研究されています。


私たちの身近で利用されている空間情報の一つとしては、カーナビシステムが挙げられます。カーナビは、できたる千都コンテンツの代表的な活用例と言えます。
その他にも現代人にはもはや欠かせない存在になっている携帯電話やスマートフォンでの活用が挙げられます。
当たり前のように携帯電話やスマートフォンで検索しながら利用している位置情報サービスは、地理空間情報と結びついて提供されているのです。また、日本においては地震や津波、台風や大雪などさまざまな自然災害に見舞われる自然環境に置かれています。



自然災害が起きた時には、迅速な救助や被害情報の把握などが初動対応の中江は非常に重要になります。



自然災害に対して包括的に対応できる情報技術の側面からこれらの情報をより活用する為の研究が続けられています。