IOTに不可欠な空間情報

空間情報は空間上の地点や区域などに関する情報のことです。紙による媒体が主流だった頃は地図上に書かれた情報が主体でした。
IOTが進んだ現在の世の中では多くの情報が電子的に共有されています。

あなたにオススメの空間情報が話題になっています。

地図データや建物の形や大きさ、向き、高低差も重要な情報です。


付加価値としてその施設の情報などもあると便利な情報です。


日々変わる建物や道路、標識などいろいろなものが電子的なデータとして変換されていることが今後の情報化社会には必要になって来ます。


実店舗の場所を示す位置情報やその付近の駐車場の情報、リアルタイムに至ってはその混雑の程度までが情報として要求されます。
今までは屋外の空間情報だけで十分だった位置情報も今後は施設内の店舗の場所や入口の位置、階段やエレベータの有無まで全てが電子的なデータとして蓄積されようとしています。


施設内での情報が共有できるようになると待ち合わせや迷子の捜索などにも有効的に使うことができます。



精度の高い空間情報を利用できるような環境になれば、GPSと組み合わせることで実店舗までの正確なナビゲーションや来店可能な時間の予測なども簡単に入手することができるようになります。そのような環境を実現するために必要なのが詳細な空間情報です。


2次元だったデータも3次元化することでよりわかりやすい情報にすることができます。



付加情報を組み合わせることでよ今後いろいろなIOT分野に活用されるようになります。