保育士の求人が増える時期

一般企業の場合には、3月~4月もしくは9月頃に求人が増える傾向がありますが、保育士の求人ニーズは秋頃から高まってきて、最も求人の数が増えるのは1月~3月になるようです。

そのため、保育士が転職を考える時は、一般的なサラリーマンやOLとは事情が異なるということに注意をしておくべきでしょう。

転職をすると必ずしも成功するわけではないということも知っておきましょう。

人間関係が原因で退職をしたが、他の職場でも似たようなものだったということはよくあります。


保育士の人は公務員として働いている人もいますが、民間の保育園に転職をしたら、それまで自分が温室の環境にいたということを自覚したという人もいます。



1月~3月が最もニーズが高まるとは言っても、それまでまったく準備をしなくてよいというわけでもありません。半年くらいまえからスケジュールを立てたり、現在の職場の引継ぎをしたり、情報収集をしたり、準備をしておきましょう。

中途採用では即戦力が求められますので、経験は重要になります。
しかし、人柄や保育園との相性なども見られていますので、実力がある人が必ずしも採用されるとは限りません。



話し方、立ち振る舞い、自然な笑顔で話すことなどは、すぐに改善されるものではありませんので、普段から努力をしておきましょう。


服装と好感度アップのメイクなど、比較的短期間で自分の印象を良くすることができるツールも存在します。
転職活動は人生の大きな決断のポイントとなりますので、しっかりと対策をして、悔いが残らないようにしておきましょう。