安全で快適な生活のための空間情報

実際の建物や地理の情報を集約したのが空間情報です。
それだけでは詳細な位置を示した情報にしかならないかもしれません。それに人の流れを組み合わせることで安全で快適な生活のための情報に変わります。

新しい公共施設を検討する際にどのぐらいの人が利用するのか、どのような移動を行うのかなどの情報を組み合わせることで通路の広さや快適な移動経路などをシミュレーションすることができます。
高齢化が進む社会でできるだけ無駄のない計画が必要になります。

詳細な空間情報があることで実際にあった計画を策定することができます。

空間情報サイトを今すぐ確認してみましょう。

また、自然災害が発生した時の被害状況の予想、避難経路の計画は安全な生活を送る上で重要な情報になります。



正確な空間情報による被害地域の把握をすることで、実際に災害が発生した時にどのような地域に警報を流すべきか、避難地域をどこにするかを決定するために役立てることができます。

従来からの地図情報からの予想だけでは、実際の災害時に想定外の事態になることが多くあります。



また、被害対象地域に重点的に情報提供したり、避難訓練を行うことで実際の避難の時に混乱にならないように対策が取れます。
そのためには日々変わる空間情報をアップデートして、情報が古くならないように更新を続け、必要と思われる付加情報をできる限り入力する作業が必要です。


快適さや安全は空間情報を使うことで無駄のない有効な対応によって提供されるようになります。