保育士の求人募集の選び方

現在の日本では、保育士の資格を持ちながらハローワークの求人で実際に保育士としての仕事を希望している方の人数は全体の約50%となっています。つまり半分の方々は保育士の資格は持っていても別の就職先を希望しているということになります。



その主な原因としては、責任の重さ、事故への不安といった理由や、希望する賃金と合わないという理由が最も多いです。

また、休みが少なく休暇が取りづらいといった現状も原因の1つとしてあげられます。

確かに、人の命を預かるという仕事には重い責任がつきまとってしまうのは事実ですし、業種の関係上なかなか休みが取りづらいという環境はあるのかも知れません。
その一方で子供の成長を間近で感じられる、子供が大好きなのでやりがいを感じるといった他の業種では感じることの出来ない喜びや達成感を感じられる職業の1つでもあります。



では、保育士の求人募集にあたって1番気をつけることは何かと言うと、やはり保育内容や就業体制よりも、園の雰囲気や上司の教育方針、人間性が大きい割合を占めています。

せっかくやりがいの感じる保育士としての仕事も、自分の考える方針と園の方法が全く別のものだったとしたら仕事で得られる楽しさ喜びは半減してしまうからです。



仕事は人生の大半を過ごすこととなる場所でもあります。
そんな大切な居場所を休みや給料だけが目的で選んでしまっては勿体ないです。ですから、求人を探す際には、まず第一に自分の価値観と合う就職先を探すということが大前提と言えます。